オフショア用 シースナイフのシース制作①

春に向けて筋トレの日々のもあいです


釣りをしないこの時期 

メバルにも行かずゴソゴソしとります



ずっと気になっていたナイフのシース(鞘 さや)

金具を使用しているのでサビが・・・
IMG_1253.jpg

うんちく挟めばナイフは2種類に分かれます
折りたたみ出来ない鞘に収めるタイプをシースナイフ
折りたためるのはフォールディングナイフ

まぁタイプによりけり色々ですが基本はこの2つです






思えばランボーナイフが流行った中学時代に手に入れたもの

銘もなく鋼材もステンレスということ以外はわからない


買い替えも考えましたが、愛着もあるので使い続ける道を探す

うん 作るっきゃないね


とはいえ、興味はあったけど手を出さなかったレザークラフト

革が飴色に変わっていくのが好きで財布もヌメ革のを愛用してます

ブランド物もいいんですが手入れしたり使っていくうちに飴色に変わり馴染んでいく感じが好きです



で、なかなか踏み出せないままカイデックスで作ろうかと思い始めた頃・・・

お客様にレザークラフトされている方がいらっしゃり、話を聞いているうちにハギレをいただけることに

一番大きいのは切り分けていただいたんだと思います
心遣いに感謝ですっ

お気持ちに応えるためにもそれなりの物を作らなきゃ
IMG_1251.jpg


何度も型紙を作り直しネットで調べる

基本金具は使わず一枚革で

結局ラブレスポーチ型で決定

型紙を作り
IMG_1254.jpg

切り取り 革切り包丁なんかないので片刃の彫刻刀でw
IMG_1255.jpg


折りたたむ部分に溝を掘ります
IMG_1256.jpg

次は中子の切り出し 
こちらはハギレから
IMG_1257.jpg

ヒルトと言われる刀でいうところの鍔(つば)とブレードの型をキッチリとり、少し押しこむだけでホールドされる
そんなシースにしたかったので慎重に形を整える

中子を貼り付け折りたたみ 接着して塗っていくと出来上がりです
IMG_1258.jpg

書くと簡単なんですがここまでで4時間(笑)

見るとやるじゃ大違いですが新しいことを始めるのは楽しいですし、やって理解る楽しさもありますね


形が整ったら革を水に5分ほど浸します

ふにゃふにゃになるので折りたたんで乾燥させればカチカチになります

もともとシース用ということで固め厚めの革をいただいたので理想の硬さに


柔らかいのでも水につけることで油が抜けて固くなるみたいです   知らないけど。。

逆に完成してからオイルを塗りすぎて浸透すると柔らかくなるので、完成したら表面に薄く塗るだけがいいみたいです

2日間乾燥させれば次の作業
IMG_1362.jpg


ですが、書き疲れたのでwまた次号です


最近パソコン弄ると肩がこルンです

スポンサーサイト
2016-03-13 : オフショア : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

もあい

Author:もあい
釣り 時々 車・バイクです
記録みたいなもんです
お気軽にどうぞ☆

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリックで救える命がある。
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ハンドバッグ通販コインケースラヴェール カラコン